運上げ道場

世の中の本物の情報、真実を語っていく。知識は命である。瞑想/パワースポット/健康/成功/お金/ビジネス/恋愛/運気/霊格/チャクラ/習慣

運上げ

陰徳を積むことの意味とは?これができていないと大きな不幸が訪れる

2018/04/16

陰徳の重要性についてはこのサイトでは時々語っているが、今一度、陰徳を積むことの意味とその重要性について話しておく。

 

陰徳を積むことができていないと、あなた自身やあなたの周りに大きな不幸が降りかかる可能性が高まってしまうからだ。

陰徳を積む

この記事は当サイトの中でも最も読んでほしい記事である。

陰徳を積むとはどういうことか?

「陰徳を積む」とは前漢の時代の中国の言葉で、簡単に言えば、いい行いをしていればいいことが起こり、悪い行いをしていると悪いことが起こるという意味である。

 

しかし、これにはもう少し深く複雑な意味合いがあるので、詳しく説明していく。

徳を積むとは?

それでは、いい行いをしておけば、運気はあがっていくのかというとそこまで単純な話ではない。

 

それだけでもしないよりは運気が上がることに間違いはないのだが、それだけでは陰徳を積んでいることにはならない。

 

これは徳を積んでいるだけでで、陽徳と呼ばれる。さらに詳しく説明していく。

陽徳を積むことと陰徳を積むことの違い

徳を積むというのは今話したようにいい行いをすることである。これだけでは運気を爆発的に上げるには少し足りない。

 

では、陰徳を積むとはどういうことかというと、人知れずに徳を積むことである。

 

違いは人に見られているか、見られていないか、人に話すか、話さないかである。いい行いをしても人に話してはいけないのである。

 

SNSでアピールするなんて言語道断である。

SNSの投稿で運気を落とす人の特徴!自慢ツイートは運気を下げる?

 

ちなみに、SNSで運気を落としてしまう投稿や改善策はこちらの記事で伝授している。

陽徳

善い行いをしてもそのことが表彰されたり、自分から話したりして人に知られてしまうと、それは陽徳になってしまう。これでは運気の上がり具合は小さくなってしまうというわけだ。

 

ちなみに、陽徳はその人一代限りの徳で、陰徳は孫の代まで続く徳だといわれている。いい行いをして人にばれてしまう分には仕方ないが、自分からは話さないようにしよう。

 

もちろん、家族や友達など親しい人であってもいうべきでない。SNSにいい行いをしたことを自慢することももちろんタブーだ。

 

善い行いをしたらできる限り見返りを求めずにすぐに忘れることが大事。

陰徳を積む行動とは?

陰徳を積む行動は世の中にありふれている。とにかく自分がいい行いだと思うことをすべてやるといい。陽徳だろうが、陰徳だろうが、人に役に立てて運気が上がれば最高なのだから。

 

陰徳を積む具体例を挙げていこう。

ゴミ拾い

オレが毎日やっていて、なおかつ最もお勧めする陰徳を積む行動はゴミ拾いである。当サイトの問い合わせフォームからも「ゴミ拾いをしだしてから運気が上がってきてます。」という報告はたくさん来ている。

 

休みの日にゴミ袋をもって街のごみを大量に拾うのもいいし、毎日会社の行き帰りに一つずつ拾ってゴミ箱に捨てるでもいい。

 

とにかく毎日ゴミを拾ってそのことを人に話さないこと。これをぜひ行ってほしい。人生が変わるレベルで運気がよくなっていくことが実感できるはずだ。

 

あなたもこれから毎日習慣として行ってほしい。

お年寄りに席を譲る

電車やバスなどに乗っている時にお年寄りやしんどそうにしている人には席を譲ろう。ここで譲ってやったアピールは一切いらない。

 

スマートに「どうぞ。」の一言だけでいいのだ。たまにおかしな老害が「年寄扱いするな」と叫んだりするが、そういうやつはほっといて自分が座ればいい。

 

だいたいは感謝されてこっちもいい気分になる。

募金をする

募金は決して大金を募金する必要はない。おつりの1円でもいいのだ。募金をしながら海外の子供たちがに少しでも水や食料が届くように願いながら募金をしよう。

 

ビルゲイツなんかはおそらく陰陽の法則、陰徳を積むことの重要性について深く理解している、だからこそあれだけの金額を寄付するのだろう。

ボランティアをする

ボランティア活動もおすすめだ。ボランティア活動に行くと波動、霊格の高い人たちと知り合える。これはあなたの一生の友になる可能性がある。

 

そういう意味でもボランティア活動に参加することは強くお勧めする。

誰かを全力で応援する

応援する人、応援する内容はだれでもいいし、何でもいい。

 

オリンピック選手の優勝を応援するのでもいいし、身近な仲間の資格取得の勉強を応援するでもいい。

 

人を全力で応援することはあなたが思っている以上に運気を高める。

陰徳を積むと運気が上がる理由

陰徳を積むと運気が上がる理由は自らが汚れて影を作っているからである。

 

ゴミ拾い、自己犠牲、他人を全力で助ける。常に意識して生きてほしい。

 

さらに詳しく陰陽の法則について説明していこう。この世界には陰陽の法則というものがある。

陰陽の法則とは?

陰陽の法則を理解すれば人生の厄を最小限に防ぎながら運気を上げていき、幸せに生きていくことができるようになっていく。

 

ぜひ陰陽の法則はしっかりと勉強してほしい。

陽と陰

宇宙はバランスを取ろうとする。つまり、いいことがあれば悪いこともある。

 

陽があれば陰もある。人生はこのようにできていて、バランスがとられているのだ。

 

つまり、いいことがあれば悪いことも必ず起こってしまう。悪いことが起こればかならずいいことが起こる。こういうバランスなのである。

 

普通の人間であれば、幸せな体験と不幸な体験を同じ分量で経験しながら生きている。

 

しかし、陰陽の法則を理解している人間は不幸な体験を極力減らしながら幸福な体験をたくさんすることができるのだ。

陰陽の法則の上手な使い方

陰陽の法則を上手に使う方法はまさにさきほど話した陰徳をたくさん積むことである。ゴミ拾い、人助け、自己犠牲、これらは自らが汚れ、影を作っているのと同じ。

 

つまり、陰陽の法則で言う陰(不幸)の体験をしているのと同じである。

 

陰(不幸)があれば次は陽(幸福)がある。だからこそ陰徳を積めば運気が上がるのである。これを知らないと自分は今、幸運の真っ最中にいると勘違いしてしまうことがある。

 

強い幸運の真っ最中=強い陽の状態であれば、あるほど強い不幸=強い陰が待っているのだ。

陰陽の法則の具体例

この人生における光と影は強烈にわかりやすく目の前に現れる。

 

たとえば、芸能界などはものすごくこれがわかりやすい。たとえば、安室奈美恵の全盛期に彼女の親類が悲惨な死に方をした。

 

また、キングオブコメディの高橋が捕まったが、相方は下町ロケットに出演するなどして活躍している。

 

光が強ければ強いほど強い影がある。逆もまたしかりである。幸福の絶頂時ほど注意しなければならないし、地獄のような日々を送っていても幸福な時が待っているものだ

陰徳を積み続けるとオーラが出る

オーラに関しては陰徳を積み続けている人にしかわからないが、自信がオーラを放つようになる。

 

そして、陰徳を積み続けていると、同じように陰徳を積んでいる人のオーラが見えるようになる。

 

オーラに関しては年単位で陰徳を積まなければ習得はできない。

不幸を回避し地運を高める陰陽五行

今反したように有名人、芸能人はとくにわかりやすく陰陽の法則について学ばせてくれる。華原朋美さんも頭がおかしくなり、globeのKeikoは重病を患った。いずれも芸能の世界で絶頂期に起こったことだ。

 

このように良いことが起これば悪いことが起きるのは自然の摂理で避けようがない。しかし、普段から陰徳を積んでおけば、こういった不幸を回避できるのだ。

 

詳しく知りたければ、こちらの陰陽の著書がお勧めである。

悪運をはねのけ強運を引き寄せる陰陽師の教え

 

この著書ではあらゆる宇宙的な法則を学ぶことができる。

 

ちなみに、いわゆる本物の能力者は小室哲哉の絶頂期を見て不幸が起こることがわかっていた。だからこそ能力者は有名になることを避ける傾向にある。

 

とにかく陰陽五行を知っておいて損はない。むしろ、得しかない。

まとめ

・いい行いをすればいいことがおこり、悪い行いをすれば悪いことが起こる

・いいことをしてそれを人に言えば、陽徳を積むことになり、いいことをしてそれを黙っていることが陰徳を積むことになる

・いいことがあれば悪いことがあり、悪いことがあればいいこともある

・陰徳を積むことで悪いことを回避できる

・陰徳を積むと良いことが起きる

 

スピリチュアルなパワーが強い人の条件はこちら

スピリチュアルなパワーの強い人の7つの条件とは?

The following two tabs change content below.
dragon owners
ネット全盛の時代だからこそ本物の知識が手に入らなくなってきている。世界経済のプロが教える本物の知識、情報をここから発信していく。 知識は命である。その辺のネットに転がっている情報に惑わされてはいけない。

-運上げ