運上げ道場

世の中の本物の情報、真実を語っていく。知識は命である。瞑想/パワースポット/健康/成功/お金/ビジネス/恋愛/運気/霊格/チャクラ/習慣

運上げ

有名になることのデメリットは?嫉妬のエネルギーは大きな不幸を招く?対策は?

2017/10/16

あなたは有名人になりたい、誰もがうらやむスターになりたいと考えているだろうか?もちろんそれが夢ならば、否定はしない。

しかし、嫉妬という生霊の存在を知っておいてほしい。多くの人間からの嫉妬というエネルギーはあなたに大きな不幸を招く恐れがあるからだ。

有名になること

それでも有名になりたければ、不幸を回避する方法があるので必ず実践してほしい。

小林麻央さんの死から嫉妬の生霊の怖さについて考える

有名になることのデメリットについて小林麻央さんの死から考えてみよう。

若くして小林麻央さんは亡くなられた。乳がんだ。遺伝性乳がんは全体の10%未満。つまり、90%は遺伝による乳がんではないと言える。

では、乳がんになった理由は何なのだろうか?

大きすぎる嫉妬のエネルギー

霊的な存在を信じていない人はこの記事は飛ばした方がいいだろう。しかし、実際に霊的な存在を言うものは存在する。

この対策ができていない人間には大きな不幸が訪れやすくなってしまう。

小林麻央さんはまれにみる大成功した女性の例だ。フリーアナウンサーになり、「ニュースZERO」のメインキャスターになり、市川海老蔵と結婚した。

有名 デメリット

まさに全女性がうらやむシンデレラストーリーを具現化したような女性だ。もちろん見た目もきれいで美しい。

性格の良しあしに関わらず、多くの女性に嫉妬されてしまう。嫉妬の生霊を受けすぎたことが若くしての不幸の原因だとも考えられる。

特に女性からの嫉妬のエネルギーというのは本当に強い。それが半端ではない数の嫉妬のエネルギーを受けたのだから不幸も起こりやすくなってしまうのだ。

これは有名になることの最も大きなデメリットだと言える。

市川海老蔵との結婚

市川海老蔵との相性、彼の女遊びなどというストレスに耐えられなかったという可能性もある。このWパンチでがんが発症してしまった可能性は低くないと言えるだろう。

陰陽の法則

もう一つは陰陽の法則だ。有名人、芸能人はとくにわかりやすく陰陽の法則について学ばせてくれる。安室奈美恵さんはまさに自身の絶頂期に親が悲惨な死に方をしてしまった。

華原朋美さんも頭がおかしくなり、globeのKeikoは重病を患った。いずれも芸能の世界で絶頂期に起こったことだ。

このように成功が目立ちすぎると他者からの嫉妬のエネルギーによって自分、あるいは自分の周りの人間に不幸が及ぶ可能性が極めて高くなる。

詳しく知りたければ、こちらの陰陽五行の著書がお勧めだ。

陰陽の法則とはものすごく簡単に言えば、いいことが起これば悪いことが起こる。悪いことが起こればいいことが起こる。すべては表裏一体にできているという法則だ。

この著書ではあらゆる宇宙的な法則を学ぶことができる。

ちなみに、いわゆる本物の能力者は小室哲哉の絶頂期を見て不幸がこることがわかっていた。だからこそ能力者は有名になることを避ける傾向にある。

有名になることのデメリットを熟知しているからだ。

陰陽の法則はすべての人間に当てはまる

有名になって嫉妬されることでいえば、芸能人に限ったことではない。経営者や経営幹部といった層にもこういう事例は非常に多い。

年収で言えば3500万円を超えたあたりから注意すべきだ。

不幸を回避する方法

では、こういった不幸を回避する方法は何か?と聞かれれば、自己犠牲だ。簡単に言えばよい行いをしてそれを人に言わないことだ。

ビルゲイツなどといったユダヤ人は陰陽の法則を間違いなく理解している。彼らが寄付をしまくるのはこのためだ。

良い行いなら何でもいい。

・寄付

・募金

・ゴミ拾い

・家族を大事にする

・他人を全力で助ける

これらの行いをしてそれを人に言わないことが陰徳を積むことになる。陰徳を積むということは影を背負うということ。

影を背負ったということは陰陽の法則で言うところの不幸だ。つまり、陰徳を積むことが不幸を回避することにつながるのだ。

陰徳を積むことの意味とは?これができていないと大きな不幸が訪れる

陰徳を積むことについて詳しく知りたければ、こちらの記事を読んでおこう。

まとめ

・有名になることのデメリットは嫉妬のエネルギーを受けすぎること

・嫉妬のエネルギーを受けすぎると大きな不幸が起こりやすくなる

・陰陽の不足からも芸能界の絶頂期に不幸が起こりやすいことは明白

 

The following two tabs change content below.
dragon owners
ネット全盛の時代だからこそ本物の知識が手に入らなくなってきている。世界経済のプロが教える本物の知識、情報をここから発信していく。 知識は命である。その辺のネットに転がっている情報に惑わされてはいけない。

-運上げ