運上げ道場

世の中の本物の情報、真実を語っていく。知識は命である。瞑想/パワースポット/健康/成功/お金/ビジネス/恋愛/運気/霊格/チャクラ/習慣

健康

電磁波(アース)の危険性と対処法!充電しながらスマホやPCを触るのはタブー

日本人は電磁波の危険性に対する意識が低すぎる。

 

今の若者は平気で枕元にスマホを置いて寝たり、Bluetoothのイヤホンをつけて歩いていたりする。

 

 

オレに言わせれば、Bluetoothのイヤホンなんて脳腫瘍製造機と同じだ。

 

それくらい電磁波(アース)というのは危険なのである。

電磁波(アース)の危険性

電磁波の危険性は放射能に匹敵するといわれるくらい、恐ろしい。

 

そのうえ、目には見えないため、どれだけ事態に有害かを気付きにくいのだ。

国際がん研究機関が携帯電話の使用が発がん性が疑われるという評価を下している

2011年5月、国際がん研究機関は携帯電話の使用について「発がん性が疑われる」とされる評価を下しているのだ。

 

そのうえ、携帯電話での累積通話時間が極端に多い(1640~2000時間)場合は悪性脳腫瘍発生のリスクがある事実が報告されていることも付け加えられている。

 

さらに子どもは成人に比べて2倍以上、携帯電話が発するエネルギーが脳に影響を及ぼすという報告もあるとのこと。

(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52464?page=2引用)

カリフォルニア州公衆衛生局によるガイドライン

2017年12月13日(現地時間)に発表された同ガイドライン内でCDPH局長のカレン・スミス博士は、専門家の間でも結論は出ていないものの、携帯電話を長期間かつ頻繁に使用することで健康に悪影響が及ぶ可能性があると言及している。

(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52464?page=3引用)

誰もがやっている電磁波を体内に流してしまう行為

日本人は本当に電磁波の危険性に疎い。

 

皆がやってしまっている電磁波を体内に流す行為を上げておく。

 

あなたは以下の行為は極力控えてほしい。

 

・充電しながらPCやスマホを使う

・耳に押し当てたスマホでの通話

・枕元にスマホを置いて眠る

・常にスマホを握りしめている(触っている)

・Bluetoothのイヤホンをつける

・ホットカーペットを使用する(種類による)

・床暖房を使用する(種類による)

・PC、スマホの長時間の使用

 

これらを続けていると脳や体に大きな弊害が起こり始める。

電磁波を体内に流し続けると起こる症状

上記のような電磁波を体内に流し続ける行為を続けることによる体への悪影響はとてつもない。

 

・疲れやすい

・ぼーっとする

・慢性的な冷え性

・肩こり、頭痛

・目が乾燥しやすい

・不眠症、浅い睡眠

・うつ病

・アレルギー

 

もうすでにこういった症状に心当たりがあるならば、早急に対処すべきである。

簡単にできる電磁波(アース)から逃れるための対策

対処法はいくつかある。

 

今まで日本人ならほとんど皆が電磁波に苦しめられている。

 

そのため、下記の対処法を行うだけでも半年後には体の不調はかなり治っているはずだ。

 

・大地(土)の上に素足で立つ

・大地(土)の上で寝転ぶ、座る、歩く

・樹木に触れる

・自宅のアースをとる

・スマホはできるだけ体から離す

・通話ではできるだけスマホを頭に近づけることを避ける

・スマホを使用しないときは機内モードにする

・スマホはポケットに入れず、カバンに入れる

・夜眠るときはスマホを枕元に置かない

 

なぜ、大地に立ったり、樹木に触れるのがいいかというと体内にたまった電磁波を放電(除電)できるからだ。

 

大地は常に0ボルト。

 

そして、電機は常に電圧が高い方から低い方へ流れる。

 

 

しかも、放電にかかる時間は数秒。

 

つまり、10秒、素足で土の上に立つだけでも放電が可能なのだ。

はだしで大地に立つと病気が治る

もっと詳しく静電気の恐怖について知りたい場合は、この本を読むといい。

 

頭痛、不眠、アレルギー、原因不明のだるさ、疲れやすさ、こういった症状を感じているなら読んでみる価値はある。

 

体内の静電気を抜けば、多くの病気はマジで改善する。

 

オレ自身、この本に出会うまでは静電気のことなんて頭の片隅にも置いていなかったが、時々起こる頭痛が静電気のせいだったと気づかせてくれた。

 

なぜなら、著書に書かれている静電気を抜く方法、電磁波を浴びない方法を実践するようになってから頭痛がなくなったからだ。

まとめ

・電磁波の危険性は放射能に匹敵する

・日本人のほとんどが体内に電磁波を流し続けている

・電磁波を体内に流し続ける行為を続けることによる体への悪影響はとてつもない

・体内にたまった電磁波は定期的に放電しなければならない

・定期的な放電と電磁波を体内に流さないようにするだけ体調は激変する

 

電磁波を体から抜いたら、次にやるべきは腸内環境の洗浄だ。

便通を改善し腸をきれいにする方法~健康秘伝!疲れやすさの原因は腸内環境にある~

The following two tabs change content below.
dragon owners
ネット全盛の時代だからこそ本物の知識が手に入らなくなってきている。世界経済のプロが教える本物の知識、情報をここから発信していく。 知識は命である。その辺のネットに転がっている情報に惑わされてはいけない。

-健康