運上げ道場

世の中の本物の情報、真実を語っていく。知識は命である。瞑想/パワースポット/健康/成功/お金/ビジネス/恋愛/運気/霊格/チャクラ/習慣

健康

歯に関する真実~いい歯医者、歯科の選び方~

2018/04/14

健康に関する盲点はずばり、歯である。歯についてしっかり勉強し、ケアできている人は少ない。

 

たとえば、神経から菌が入ると内臓疾患を起こしやすい。

歯医者 選び方

さらにいうと銀歯が10年以上入っている人なんかは非常に危険である。

 

ということで、今回は歯に関する真実といい歯医者、歯科の選び方を伝授していく。

銀歯が10年以上入っている人へ

銀歯が10年以上入っている人は特に危険だ。すぐに取り換えに行くことを勧める。

 

銀歯を入れてから10年以内でもできるだけ早く銀歯は取り除こう。

欧米ではパラジウム合金の使用は禁止されている

銀歯が10年以上入っている人はすぐにでも歯医者に行ってほしい。

 

というのも、日本で使われている銀歯はパラジウム合金というのだが、これはドイツやスウェーデンなどの欧米では使用を禁止されている。

 

高い毒性や発がん性があるからだ。いわゆる先進国の中でパラジウム合金を使っているのは日本だけである。

銀歯が入っていることによる健康へのデメリット

・銀歯が解けてきて、歯茎にしみ黒ずむ(メタルタトゥーと呼ばれている)

・アレルギーを引き起こす

・2次虫歯になりやすい

 

また、銀歯が伝授派のアンテナとなってしまい、パソコンやIHなどの電磁時調理器を使っている時に以下のような症状が起こる可能性が高まる。

 

・目が乾燥し、異常につかれる

・身体がかゆくなる

・上半身の筋肉が張る

・体がだるくなる

・頭が重くなる

・花が詰まる

・顔が赤くやける

・気持ち悪くなる

 

銀歯が入っている人が電磁波を浴びすぎると癌、白血病、脳しゅようの発症率も上げる。

 

歯が悪い人や銀歯が入っている人は遅くても40代までには治さなければならない。

日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方

健康にはお金をかけてでも完治させておくべきである。

いい歯医者、歯科の選び方

いい歯医者の選び方の真実を授けておく。

 

いい歯医者の選び方は様々だが、その辺では教えてもらえないガチの選び方を授ける。

いい歯医者の特徴

大学病院出身で(若くして)独立し、口腔外科の看板をかがけているところ、あとは、マイクロを使うところである。

 

あとは「保有資格」と「出身大学」でも、ある程度わかるのだが、これは秘伝すぎて言えない。

いい歯医者の施術法

いい歯医者には施術法にも特徴がある。1回目は全体の確認と応急処置とガチの写真撮影をする。

 

2回目は拡大写真による今後の説明をされる。

 

3回目は治療計画と見積り概算だ。

 

このとき、外資コンサルばりの分かりやすい資料で説明される。

悪い歯医者の特徴

年老いたおじいさん、おばあさんが主治医のところはほぼNGである。

 

この理由についても秘伝なのでここでは話せない。

悪い歯医者の施術法

悪い歯医者はアナログ的に「ここ悪いねー」とだけいい、ガンガン歯を削り、銀歯を入れるところ。

 

これは最低である。また、マイクロスコープ(20倍拡大)を使ってないところもあまりお勧めしない。

 

ここに関してはたまにあたりもあるから微妙ではある。

 

もちろん、マイクロを使っても下手な医者は下手だからマイクロを使っていればあたりというわけでもない。ただ、そこまで機材をしっかりとそろえる気合いはあるということで、ポテンシャルはあると考えていい。

判定不能な歯医者

良し悪しが判定できない歯医者もある。診察台が沢山ある(先生が多すぎる)大学病院である。

 

こういうところは判定ができない。

 

なぜなら、よい先生に当たればラッキーなのだが、新人をあてられたらあまりよくない。

 

担当医によって、評価が分かれるということだ。ちなみに、僕ならこういうところへは行かない。

いい歯医者をググる方法

Google検索する時は「マイクロ」「歯科」「場所」で調べてみるといい。

 

マイクロを使っているからといって必ずしもいいというわけではないのだが、先ほど話した理由でマイクロがないよりはいいという判断である。

 

あとは院内の清潔度がアピールされているほど良い傾向にある。ネットで調べるときはその2点を見よう。

予防歯科に力を入れている歯医者

そもそも治療することよりも大事なのは虫歯にならないことである。虫歯治療をしてもらったとしても予防ができていなければ、また虫歯になってしまう。良い歯医者は虫歯についても入念に教えてくれる。

 

たとえば、歯医者ではクリーニングやフッ素塗布をしてくれて、自宅でやるべきブラッシング指導などもしてくれる。ところが、悪い歯医者はこれをしない。金儲けを優先的に考えているからだ。

 

歯医者からすれば虫歯になってくれた方が儲かるからである。悪い歯医者は金もうけを優先する。

 

これは歯医者に関わらず、病院でもこういう病院は乱立している。実際、金のある老人ほど歯医者に行くうえに死ぬリスクも少ないため、歯医者は金もうけには向いているのだ。

 

だからこそ金儲けを第一に考える歯医者には気を付けてほしい。アフターケアを怠る歯医者は金もうけのことばかり考えている可能性が高い。


日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方

まとめ

・銀歯が10年以上入っている人は危険

・高い毒性や発がん性があるため、欧米ではパラジウム合金の使用は禁止されている

・先進国の中でパラジウム合金を使っているのは日本だけ

・銀歯が入っていることによる健康へのデメリットは非常に多い

・いい歯医者の特徴は大学病院出身で(若くして)独立し、口腔外科の看板をかがけているところ、そして、マイクロを使うところ

・年老いたおじいさん、おばあさんが主治医のところはほぼNG

 

運上げの基礎はこちら

ゴミ拾いと自己犠牲は運気を爆発的に引き上げる

The following two tabs change content below.
dragon owners
ネット全盛の時代だからこそ本物の知識が手に入らなくなってきている。世界経済のプロが教える本物の知識、情報をここから発信していく。 知識は命である。その辺のネットに転がっている情報に惑わされてはいけない。

-健康