運上げ道場

世の中の本物の情報、真実を語っていく。知識は命である。瞑想/パワースポット/健康/成功/お金/ビジネス/恋愛/運気/霊格/チャクラ/習慣

自己啓発

仕事している風に見せる仕事は今すぐやめろ。仕事を終えたらすぐに帰れ。

2017/07/12

多くの日系企業のサラリーマンに言いたいことは仕事をしている風に見せる仕事をしている人が多すぎるということだ。そして、それを評価している会社側もおかしい。

仕事

また、早く仕事が終え、帰ろうとするものを縦社会を理由に引き留める無能な上司。屑である。今回はこの矛盾について話していく。

仕事をしている風が評価される企業

腐った日系企業ではろくに仕事もできないのに、頑張っている風であれば評価される。そして、きっちり仕事を終わらせて定時で帰る人間よりも、仕事が終わらずにだらだらと提示を過ぎても帰らない人間が評価される。

文字にすれば本当にバカバカしく、おかしなことなのだが、こういう企業は非常に多い。

スポンサーリンク

ルールに縛られすぎている

どれだけの実績、結果を出して、会社に貢献しているかよりも、どれだけ残業しているかが評価される。

また、日系企業でご飯を食べながら作業をするだとか、音楽を聞きながら作業するということを許さない企業が多い。外資系やベンチャー、海外の会社では多くの会社がこれを許されている。

営業の人間やお客さんと接する場所ならわかるのだが、システム開発とかであれば問題ないはずだ。むしろ、音楽を聞きながら作業したほうが効率が上がる人も多い。

にもかかわらず、無意味にこれらが規制されている。

社員が機械として扱われている

食事をしながら作業をしてはいけない。音楽を聞きながら作業してはいけない。こういう不自由な会社は社員を機械としか見ていない。働く機械である。

働くのは機械ではない。人間だ。お腹もすくし、単調作業は飽きてくる。

食事しながら作業したほうが効率のいいこともあるし、音楽を聞きながらの方が集中できることもある。にもかかわらず、これらを不真面目だなどといって禁止する会社はいる価値がないのだ。

仕事のできる人間はその会社を辞める

仕事のできる人間はどうなるか。その会社を間違いなくやめることになる。仕事ができる人間というのは自然と人脈が増えてくるものだ。

それは仕事関係であっても、プライベートであっても同じである。そうなるとあらゆる情報が入ってきて、「うちの会社はおかしい。」と気付く。結果、転職するか独立する。

毎日のように残業している方へ

上司の目を気にして毎日のように無駄な残業をするのはやめよう。あなたにとってそれは何のプラスにもならないからだ。そのうえ、残業代が出ない、あるいは一部しか出ないという会社すらある。こんな会社にいても得るものは何もない。

腐った会社に属している人がやるべきこと

腐った会社に属しているサラリーマンが今すぐにやるべきことはいつも言っているように本100冊、瞑想、加えて独立のための資格の勉強である。

自分の得意分野があって、その分野の仕事がこれからの時代も生き残ることができるといえるのであれば、その分野の勉強を徹底的にやるのだ。

ここでも1分野100冊の法則は使える。一流になりたければ、その分野で独立したければ、最低でも本100冊は読む必要がある。できるなら300冊くらい読むといい。

瞑想をすべき理由や具体的な瞑想法についてはこちらの記事にまとめておいた。

瞑想をすると運気が上がる理由とそのやり方を伝授!

読書をすべき理由についてはこちらの記事にわかりやすく書かれている。

ビル・ゲイツなど、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍「でも、有名になりたくて、仕方がないミーハー著者の本を読んでも何も変わらない。」

何を勉強していけばいいのか?

何で独立すればいいかわからない。自分の得意分野などない。そういう人もいるだろう。これから既存の多くのサービスがつぶれることになるだろう。本屋全て、スポーツ用品店すべて。

ちなみに、ミキサージュース屋は場所さえ間違えなければ、売れ続ける。ほぼ勝ち確定。焼き立てのパン屋や花屋もオススメ。理由は長くなるのでまた今度。今回は何を勉強していくべきかを話す。

不動産鑑定士&英検1級

不動産鑑定士と英検1級の資格があれば年収2000万円程度なら楽勝に行ける。これは勉強すればわかる。これからの時代、家やマンション自体は売れにくくはなるだろうが、不動産鑑定士なら生き残り続けることができる。

宅検、通関士、弁理士、国税専門官

このあたりは普通に持っておいた方がいい。穴場は国税専門官である。試験料無料でそこまで難しくない上に給与も安定している。公認会計士よりもずっと簡単に合格できる。

何よりも税金に詳しくなれることは大きい。上記で話したような腐った会社にいるくらいならこういう道を目指すことをおすすめする。

潜在意識を書き換える瞑想

神社参拝以上に人生をよくする、運気を上げる方法がある。それは毎日の習慣、特に瞑想だ。

成功者(ビルゲイツ、スティーブジョブス、イチローなどなど)が瞑想を習慣として取り入れているのは聞いたことがあるだろう。

たった5分間の瞑想を習慣化すれば本当に人生を変えることができる。オレが実際に変われたのだから間違いない。瞑想をしない人というのはとにかく毎日疲れている。例えば、以下のような感じだ。

・朝起きるのがつらくて毎日朝から落ち込んだ気分

・会社の通勤時間が地獄で満員電車が本当につらい

・仕事中もよく眠くなり、ストレスが溜まっている

・家に帰っても疲れているため、ご飯を食べてごろごろして寝るだけ

・基本的にネガティブな気分でいるため、運気を引き寄せられていない

昔のオレがまさにこうだった。

もし、あなたがこういったマイナスな気持ちに当てはまっているのならば、瞑想を習慣として取り入れるべきである。

ちなみに、動画の通り、daigoさんも瞑想を習慣化している。

オレ自身、瞑想を習慣化するだけで睡眠の質は劇的に上がり、仕事がうまくいくようになった。例えば、以下のような変化が手に入った。

・睡眠の質が上がり、朝すっきり起きれて夜ぐっすり眠れる

・好みの異性と知り合う回数が劇的に増える

・ストレス値が大幅に減少する

・仕事中の成績が上がる

・運気がダイレクトに上がる

だいたい1か月くらい瞑想を続けたあたりからこういった変化を実感できるようになった。

オレがまさにこんなゴミのような生活を送っていた時期があったが、今は心から幸せだと言える。オレ自身が行っている瞑想法を知りたい人はこちらの著書を読むといい。

簡単に言えば、瞑想とは脳を休ませる行為。脳はボーっとしていても眠っていても一部は必ず働いている。

この部分を完全に休ませることで完全なる休息を手に入れることができるのだ。あなたは1日のたった10分間だけ意識と呼吸に集中するだけ。

この著書は瞑想初心者向けに書かれているため、非常にとっつきやすい。

初心者が自己流で瞑想をしたところで簡単に瞑想状態に入れるものではない。ましてやネット上の瞑想に関する情報は間違ったものが多すぎる。

こちらの著書から正しいマインドフルネス瞑想を学んでほしい。

瞑想をしない人は人生の大半をマイナスな疲れた気持ちで過ごすことになる。これは非常にもったいないことである。

できるならば、瞑想分野は100冊くらいは読むことをお勧めする。

まとめ

僕が何が言いたいかというと、いわゆるルールに縛られた会社、仕事ができる人間ではなく、仕事をしている風の人間を評価する会社。こういう会社にあなたがいるのなら可能な限り早くやめた方がいい。

もちろん定年まで成長することなく、のんびり社畜をしていたいのなら別だ。しかし、夢や目標があり、脱サラして独立することや成長することを考えているのならやめるべきである。

そういう企業にいてはあまりにも成長が遅れる。上記で書いた資格を努力してとればかなり視野が広がるはずだ。最初は興味などなくても勉強するうちに興味は出てくる。ぜひ取り組んでみてほしい。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
dragon owners
ネット全盛の時代だからこそ本物の知識が手に入らなくなってきている。世界経済のプロが教える本物の知識、情報をここから発信していく。 知識は命である。その辺のネットに転がっている情報に惑わされてはいけない。

-自己啓発